jtk

【読書メモ】メルカリ 希代のスタートアップ、野心と焦りと挑戦の 5 年間

今年は読書をしようと思って、本当は技術書を読んだほうがいいのですが、とりあえず習慣づけるためにライトな本を読みました。

メルカリ  希代のスタートアップ、野心と焦りと挑戦の5年間

メルカリ 希代のスタートアップ、野心と焦りと挑戦の5年間

内容的には、メルカリ創業者の山田進太郎氏のウノウ設立から譲渡、メルカリ設立から昨年の上場までをまとめた本。
著者が後追いで取材して構成されていて、うまく話としては入ってきます。
ただ Amazon のレビューにもある通り、熱がない、というか割と淡々と読み進めました。

個人的に良かったのは、スタートアップのお金の考え方というか、資金調達がどんなものかイマイチ分かってなかったのでそこが勉強できたこと。
スタートアップ、またフリマアプリという所で特別なこともあるとは思いますが、どの時期にどの部署を作ったり、どこを強くしていくかということ。
企業規模が増えるにつれて、メルカリみたいな企業でも成長痛的な時期が訪れること。
CEO が方向見誤ったときは頭を下げる場面もあること。

一般的な読者を想定しているので技術的な話はないとは思っていましたが、最初のアプリ化の際に HTML5 を採用して、すぐにネイティブに切り替えたとかその程度でした。
技術的な話がもっとあればなというのがあるにはありますが、話として読み進められたのでそこは不満にはなりませんでした。

自分もメルカリ何度か使ったことあるので、現金問題とかアメリカ事業苦戦とか色々あると思いますが、日本のテックカンパニーとしてさらに成功して夢見させてほしいなと思います。
あといつもメルカリ主催の勉強会埋まるの早いのですが、1回は行こうと思いました。


目標としては最低月 2 冊読んでこのブログに読書メモとしてアップしていく予定です。
積読したりするので、本屋に行っても買うのは 1 冊。分厚い本や難易度の高い本だと挫折しそうなので、ライトな本から習慣づけていきたいです。