Vue.js / JSON から情報を引っ張ってくる その3

f:id:jotaki:20190212100544p:plain

やること

  • WordPress の記事一覧を WP REST API を用いてエンドポイントを作成
  • Vue.js で、カテゴリー一覧、記事タイトルの一覧を表示させる
  • Vue.js で、カテゴリーごとの投稿一覧を表示する

セットアップ

前回と同じ

Vue.js 側の処理

クリックした <a> 要素の data 属性を取得する
javascript - Vue js on click get html5 attribute - Stack Overflow

App.vue

一部省略

<template>
  <div id="app">
    <header>
      <h1>blog.yuheijotaki.com</h1>
      <nav>
        <ul class="category_list">
          <li>
            <a href="#" data-category-id="2" v-on:click="filterCategory"
              >Develop</a
            >
          </li>
          <li>
            <a href="#" data-category-id="3" v-on:click="filterCategory"
              >Design</a
            >
          </li>
          <li>
            <a href="#" data-category-id="4" v-on:click="filterCategory"
              >Others</a
            >
          </li>
        </ul>
      </nav>
    </header>
    <main>
      <ul class="post_list">
        <li v-for="post in posts" :key="post.title.rendered">
          <a :href="post.link" v-html="post.title.rendered"></a>
        </li>
      </ul>
    </main>
  </div>
</template>

<script>
  // normalize.css を読み込む
  import "normalize.css";
  // Ajax通信ライブラリ
  import axios from "axios";
  // AjaxのURL定義
  const url = `https://blog.yuheijotaki.com/wp-json/wp/v2/posts?per_page=20&categories=2`;

  export default {
    name: "App",
    data() {
      return {
        posts: [],
        page: 0
      };
    },
    mounted() {
      this.page = 1;
    },
    watch: {
      page() {
        (async () => {
          try {
            const res = await axios.get(url);
            this.posts = this.posts.concat(res.data);
          } catch (error) {
            alert("取得できませんでした。");
          }
        })();
      }
    },
    methods: {
      filterCategory: function(event) {
        this.page = 1;
        this.posts.splice(0, 20); // 投稿をすべて削除
        const cateogoryId = event.currentTarget.getAttribute(
          "data-category-id"
        ); // カテゴリーの取得
        const updatedUrl = url + "&categories=" + cateogoryId; // JSON URLのアップデート
        // console.log(updatedUrl);
        (async () => {
          try {
            const res = await axios.get(updatedUrl);
            this.posts = this.posts.concat(res.data);
            event.target.className += " is-current";
          } catch (error) {
            alert("取得できませんでした。");
          }
        })();
      }
    }
  };
</script>

まとめ

GitHub

感想

  • カテゴリーリンクを押して該当の記事の表示するまではできましたが、やっぱり自分で書くと不明点が多いです
  • watchmethods(async () => { ... はひとつにまとめれるのかな
  • 変数 urlupdatedUrl の扱い方が謎...
  • pagepage() の扱いも謎...

次回以降やること

  • カテゴリーを動的に取得
  • カテゴリーの現在地(クラスの付与・解除)
  • 次の記事を読み込む機能の追加
  • ナビと投稿一覧のテンプレートを分ける

Vue CLI(webpack)で使うコマンド

毎回見直すのでメモしておきます。

# プロジェクト作成
$ vue init webpack my-app # vue init [テンプレート名] [プロジェクト名]

# 質問
? Project name my-app # プロジェクトの名前
? Project description A Vue.js project # プロジェクトの説明
? Author Yuhei Jotaki <yuheijotaki@gmail.com> # 作者の名前とメールアドレス
? Vue build standalone # テンプレートの定義に「.vue」ファイルのみを使用するなら「Runtime-only」を選択可能
? Install vue-router? Yes # Vue Router をインストールするか否か
? Use ESLint to lint your code? No # ESLint をインストールするか否か
? Set up unit tests No # 自動テストツール をインストールするか否か
? Setup e2e tests with Nightwatch? No # Nightwatch.jsのE2Eテストフレームワークをインストールするか否か
? Should we run `npm install` for you after the project has been created? (recommended) npm # npmを使って自動インストール

# axios / sass-loader / node-sass / normalize.css のインストール
npm install -D axios sass-loader node-sass normalize.css

# 実行
npm run dev

# ビルド
npm run build