jtk

【VS Code】 ワークスペース `.code-workspace` を使おう

ワークスペース機能とは

VS Code 上でプロジェクト単位で作業拡張できる(?)機能です。
基本的には「フォルダを開く」以後の作業が、ワークスペースを導入すると初回の1回の設定だけで保存されるイメージで、Sublime Text でいうところの Project のような感じです。

導入

導入は下記がキャプチャあるのでわかりやすいです。
Visual Studio Code ワークスペース | trelab

_.code-workspace のようなファイル名でワークスペースを保存。
次回の作業時から、このファイルをクリックすると VS Code 上でプロジェクト配下を編集できる

メリット

  • 都度都度「フォルダを開く」からフォルダを選択しないで済む(他の案件の切り替えが多少しやすい)
  • ファイルや単語の検索は自動的にプロジェクト配下にフィルターされる
  • 拡張機能ワークスペースごとにインストール/アンインストールできる(状態も保存される)
  • Gitで _.code-workspace を管理すれば、複数人で環境を共有できる(プラグインなどできないかも?)

発展

同プロジェクトで複数ルートが階層ある場合など、もっと使いみちがありそうです。
(というか下記の記事では ワークスペースは、複数ルートのフォルダーを同時に開く機能 と書かれていますね)
VS Codeのワークスペース - Qiita

自分は基本的な使い方しかできていないっぽいですが、それでも便利なので使ってみたらいいと思います〜