jtk

node.js の切り替えを nodebrew ではなく nodenv で行う

nodebrew はプロジェクトごとに切り替えがしづらいので、 nodenv のがいいらしい。 導入は こちら 通りでいけました

リスト表示

$ nodenv versions

バージョン指定でインストール

$ nodenv install 10.15.0
$ nodenv install 12.11.0

デフォルトで使用するバージョンを指定

$ nodenv global 12.11.0

プロジェクトごとに使用するバージョンを指定

$ cd [project folder]
$ nodenv local 10.15.0
$ nodenv local 12.11.0

これでプロジェクトフォルダに .node-version ファイルが追加されているはず
バージョン確認

$ node -v

nodebrew の削除

# パス 削除
$ export PATH=$HOME/.nodebrew/current/bin:$PATH
$ export PATH=$HOME/.nodebrew/current/bin/npm:$PATH

# nodebrew 削除
$ brew uninstall nodebrew

最後に、 ~/.nodebrew ディレクトリを削除

参考: