microCMS をさわってみる その8

日本製のHeadless CMS、microCMSをさわってみる。その8

f:id:jotaki:20200303155515j:plain

GitHub: https://github.com/yuheijotaki/micro-cms-ramen
Netlify: https://ramen.yuheijotaki.dev/

サブドメインあてる

前回 と同じ用に設定。
サブドメインつきで https://ramen.yuheijotaki.dev/ としました。

コンテンツ調整

せっかくなのでラーメン屋を登録していきます。 写真は持っていないので、食べログの画面キャプチャを貼り付けてリンクを貼ることにします。

カテゴリー機能も付けたいので、APIの新規作成から ramen-category を作成します。

f:id:jotaki:20200305162011p:plain

複数コンテンツの参照元となるのでリスト形式にします。

f:id:jotaki:20200305162028p:plain

スキーマを設定して作成。

f:id:jotaki:20200305162046p:plain

カテゴリーをコンテンツとして登録しておきます。

f:id:jotaki:20200305162059p:plain

次に、参照先のAPIにてスキーマ作成します。
「複数コンテンツ参照」を選択。

f:id:jotaki:20200305162113p:plain

参照したいコンテンツに先ほど作成した ramen-category を選択します。

f:id:jotaki:20200305162127p:plain

参照先のコンテンツも登録しておきます。

f:id:jotaki:20200305162138p:plain

他にもコンテンツがあったほうがいいですが、一旦一つのみにして次回登録したコンテンツを取得していきます。

残りやること

  • コンテンツ調整
  • かるくスタイリングする

できれば

  • microCMSのその他機能
    • 下書きプレビュー
    • ステージング