【読書メモ】ポケットスタディ AWS認定 デベロッパーアソシエイト

DOP資格対策として、今月発売のDVA対策本を読みました。

目次

SECTION1は試験概要。
SECTION2〜6が各カテゴリーに準じたサービスや機能の解説+章末のサンプル問題。
SECTION7は50問の問題集です。

ボリュームとしてはかなり豊富で細かく各サービスの機能やAPIまで網羅されている印象です。
章末のサンプル問題(復習用の問題)も数が豊富で、各章読み込まないと答えられないものになっているので基礎知識の習得に向いていると感じます。

良かった点

  • DVA試験に必要と思われるサービスや解説が網羅されている
  • 章末のサンプル問題で解説されていた知識の定着ができる
  • 重要な機能説明には設定・構築手順がマネジメントコンソールのキャプチャ付きで解説されている
  • API名、メトリクス名、ポリシー、コードなど細かく記載されている

悪かった点

  • ポケットスタディシリーズ共通かもしれませんが、見出しが分かりづらい
  • キャプチャの一部が低解像度になっている

感想

網羅範囲としては値段に相反してかなり広くボリュームも多く感じました。
DVA→SAPの順で受験済みですが、SAPの際に知った移行の6つのRなども掲載されているので、むしろDVAの範囲にとどまっていない印象です。
試験対策本ですが、開発系サービスの基礎知識の向上や概要を知りたいためのリファレンスにも使えるのではないかと思います。

今回に限らずですが、AWSでできることが多すぎる分どこまで勉強しても果てしないな..という感想。
設定手順がキャプチャ付きで掲載されているので、CloudWatchエージェントはSystems Managerでインストールするんだなど新しい発見も多々ありました。

特にアーキテクト試験の設計系とデベロッパー試験の開発系で扱う範囲や覚えることの粒度みたいなものも変わるので、その頭の切り替えにはとても良い本でした。